ハイドロキノンクリームランキング広場







肝斑の特徴



チェック あなたのお肌は大丈夫?

  • 30代後半~50歳頃に急にシミができた

  • ほほ骨の高い位置に左右対称にシミがある

  • 太いハケで茶色く塗ったようなベタッと広いシミがある

  • 薄い茶色で、夏場はシミの色が濃くなる気がする

  • 妊娠中や更年期に大きなシミができた



肝斑肝斑(かんぱん)は、
女性ホルモンの影響でできてしまうシミ。

一般的な紫外線の影響で悪化するシミとは違い、
ホルモンバランスの乱れによって目立ってくるシミです。

ですので、ホルモンのバランスが乱れてくる
30代の後半あたりから50代にかけて、
肝斑に悩む女性が多くなっています。


肝斑の特徴としては
  • ほほ骨の高い位置に、左右対称にモヤモヤっとできるシミ
  • 薄い茶色か灰色で様々なタイプがある
  • 太いハケで塗ったような、広くベタッとしたシミ
  •  (※丸いシミや、ポツポツしたシミは肝斑ではありません!
  • 妊娠中や更年期の人に多くみられる
  • ごくまれに鼻の下や額にシミができることも!




肝斑の予防法


肝斑を予防するには
とにかく、女性ホルモンのバランスを整えることがポイントです。

そのために、睡眠や栄養バランスの良い食事を心がけ
規則正しい生活をおくりましょう。

ストレスもホルモンバランスの乱れ原因になります。
ストレスがたまると、肝斑の色が濃くなることもありますので
日頃から、ストレスを溜めないよう工夫してくださいね!


また、肝斑は紫外線を受けると悪化する傾向もあります。
外出時には、パウダーファンデーションでUV対策を
帽子や日傘などでしっかりと紫外線をカットしましょう。



肝斑をケアする方法


クリーム肝斑のシミには、美白化粧品が大変有効に働きます。

特にハイドロキノンは、肝斑のシミに効果的!
ピーリングとあわせるとより美白効果が高まります。


また、トラネキサム酸という内服薬を
数か月間服用することで肝斑が薄くなるという報告もあります。

ただし、トラネキサム酸は、もともとは止血剤なので
動脈硬化など血栓ができやすい方は服用は注意してください。

内服薬を1か月飲んでも効果があらわれないときもありますので
その場合は服用は中止しましょう。


一方、肝斑のシミにはレーザー治療は不向きです。

逆に色素が沈着してしまいますので、
時間をかけて、ハイドロキノンなどの美白ケアで
じっくりお手入れしていくことが一番大切です。




美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方