ハイドロキノンクリームランキング広場







老人性色素斑の特徴



チェック あなたのお肌は大丈夫?

  • あまり普段からファンデーションを塗らない

  • 20歳を過ぎてからもかなり日焼けしてきた

  • 1㎝程度の丸いシミが増えてきた

  • ほほ骨の高いところにシミが見られる

  • 指で触ると、なんとなく隆起したシミもある



老人性色素斑 老人性色素斑(ろうじんせい・しきそはん)は、
最も多いタイプのシミ症状です。

日光性黒子(にっこうせいこくし)とも呼ばれ、
紫外線による日焼けの影響でできてしまうシミのこと。


老人性色素斑は、ある日気づいたら突然できているような気がしますが
ほとんどの場合、紫外線による肌ダメージが少しずつ蓄積され
次第にシミとなって肌表面に現れることがほとんどです。


特に中高年(40代ころ)から
老人性色素斑のシミが出始める方が多くなります。


老人性色素斑の特徴としては、

  • ほほ骨の高い位置にでき始めることが多い
  • 数㎜~数㎝の丸いシミ
  • でき始めは、薄い茶色⇒次第に濃くはっきりしたシミに変化する
  • 何年も経つと隆起してくることも  (その場合、脂漏性角化症になってしまうこともある)




老人性色素斑の予防法


紫外線対策 とにかく、毎日のUVケアを欠かさず行いましょう。

外出するときはもちろん、家にいるときも欠かさず
パウダーファンデーションをぬり、紫外線対策を!

また、レジャーなどで紫外線の強い場所に行くときは
PA、SPFの数値の高い日焼け止めをしっかり正しく塗り、
更にパウダーファンデーションでUVケアを行うと◎。

日々の紫外線対策が、老人性色素斑のポイントです。



老人性色素斑をケアする方法


老人性色素斑のシミのうち、輪郭がはっきりした濃いシミには
美白化粧品は効果がありません。

その場合は、レーザー治療がおススメです。


しかし、初期の小さい老人性色素斑シミや
薄い茶色の老人性色素斑のシミには、
ハイドロキノンが配合された
美白化粧品が非常に効果的に作用します!


ハイドロキノンは、老人性色素斑のシミの原因でもある
メラニン色素の合成を防ぐ作用があり、

メラニン色素が異常繁殖した老人性色素斑には
高い効果が期待できるでしょう。


ハイドロキノンと同時にピーリングを行えばさらに効果UPします。




美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方