ハイドロキノンクリームランキング広場







美白に効果がある有効成分一覧


クリーム 美白に効果がある化粧品を選ぶときには、
必ず「美白に効果がある成分」が入った
スキンケアを選ぶようにしましょう。


美白成分には、メラニンの生成を抑える働きがあります。

ただし、成分によってその働きは違ってきますので注意が必要です。


また、美白に多いのが「医薬部外品」に分類されるスキンケア。

医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に位置するもの。
厚生労働省が効果の有効性を認めた成分が
配合されています。

医薬部外品であれば、必ず美白成分が入っていますが
医薬部外品でなくても美白に効果がある成分はたくさんあります。


こちらでは、「美白に効果がある成分」をまとめて一覧で紹介します。


医薬部外品で使われている美白成分


ビタミンC誘導体 ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えた成分。
メラニン色素の生成を抑えるだけでなく、
抗酸化作用があるため、ニキビや毛穴の開き、
シワなどのエイジングケアにも有効な万能成分です。
アルブチン 肌の奥に入った紫外線をメラニン色素に変換する
働きがある「チロシナーゼ」を抑制する。
元々はコケモモから抽出された成分です。
コウジ酸 味噌や醤油など、こうじ菌由来の成分で
アルブチンと同様、チロシナーゼを抑制する効果があります。
エラグ酸 イチゴから抽出された成分で、
チロシナーゼを抑制する作用のある成分。
ルシノール ルシノールは商標名で化学名は「4-n-ブチルレゾルシノール」。
北欧のモミの木に含まれる成分をヒントに化学的に作られた成分で、
チロシナーゼを抑制する効果がある成分。
コウジ酸 味噌や醤油など、こうじ菌由来の成分で
アルブチンと同様、チロシナーゼを抑制する効果があります。
リノール酸 紅花油などの植物油から抽出された成分で
チロシナーゼ自体を減らす効果がある。
カモミラET ハーブのカモミールに含まれる成分で、抗炎症作用があります。
メラニン色素を作るよう指令を出す
情報伝達物質の働きを抑制します。
m-トラネキサム酸 抗炎症剤として使われていた成分です。
カモミラETと同様、メラニン色素を作るよう指令を出す
情報伝達物質の働きを抑制します。
4MSK
(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
メラニンの抑制作用がある成分。
慢性的なターンオーバーの不調を改善するために開発された成分。
エナジーシグナルAMP 大塚製薬が開発した美白成分で、インナーシグナルという
美白化粧品にのみつかわれています。
ターンオーバーを促しメラニン色素の沈着を防ぐ成分です。
マグノリグナン チロシナーゼの成熟を阻害する作用がある成分。
プラセンタエキス 豚の胎盤から抽出された成分で、
チロシナーゼを抑制する効果があります。
D-メラノ ビタミンB3(ナイアシン)の事。
メラニンの過剰生成をおさえる効果がある成分です。
ロデドノール シラカバ樹脂に含まれる天然物質で、
チロシナーゼの活性を阻害し、メラニンの生成を抑制します。
特に、黒色メラニンを優先的に抑制する働きがあります。
TXC トラネキサム酸セチル塩酸塩のこと。
肌の内部でメラニンの生成が始まると
その連鎖反応をストップさせる作用がある成分です。



医薬部外品以外の美白成分


油溶性甘草エキス 甘草という漢方から抽出した成分。
消炎作用もあり、かぶれにくいので
肌が弱い人でも比較的使いやすいのが特徴です。
ハイドロキノン 欧米では、美白=ハイドロキノンと言われるほど
ポピュラーな美白成分。

肌への刺激が強く、日本では使用が禁止されていましたが
2001年の規制緩和で化粧品への配合が可能になりました。

但し、現在でも高濃度のハイドロキノン製品は
医療機関のみでの取り扱いです。

市販されているハイドロキノンは2%のものが多いですが、
メラニン色素の生成を阻止する効果が非常に高く
美白効果は、コウジ酸やアルブチンの100倍近くと言われています。



ポイント
※ここでポイント※

皮膚科などでよく使われている美白成分は

  • ハイドロキノン

  • ビタミンC誘導体

  • コウジ酸

  • 油溶性甘草エキス(グラブリジン)





美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方