美白クリームで目元のくまはとれるの?







美白クリームで目元のくまはとれるの?



目元は皮膚が薄く繊細ですから、

ちょっと目元ケアをサボると

くまができてしまう事があります。

美白クリームで目元のくまはとれるの?

「くま」は一般的に

総称として一緒にしてしまいますが、

実は種類があり原因も異なります。





目の下で目立ちやすい部分にでき、

早く解消したいとまずケアをしますが、

ケアの仕方が間違っていると

余計にくまを目立たせてしまう
ので

注意してください。







クマの種類は3種類



くまの種類は主に

黒くま、茶くま、青くまの3つです。



色の違いである程度

原因も特定できますので、

原因に応じて対処していきましょう。





黒くま



黒くまは年齢を重ねるにつれて

目立ちますが、

原因は肌のたるみにより

影ができる事
です。



個人差もありますが、

年齢とともに表情筋も

衰えていきますので、

どうしても肌がたるんできます。





青くま



青くまは、血行不良により

滞った血液が

透けて見える事
で起こります。





茶くま



茶くまはシミやくすみが

原因でできるくま
です。





茶くまの場合は色素沈着なので

必要以上の刺激を与えないように

注意しましょう。







強い刺激は色素沈着の原因に



目の下は皮膚も薄く柔らかいので、

強い刺激を与えると

色素沈着を起こします。


強い刺激は色素沈着の原因に


ターンオーバーの乱れも

原因になりますが、


アイメイクをした時に

専用のリムーバーが必要なら

必ず専用リムーバーを使って
ください。





専用のリムーバーを使わないと

落とせないアイメイクの場合、

ゴシゴシと強くこすってしまう事が

ありますが、

強い刺激は色素沈着の

原因につながり
ます。





メラニンを過剰生成してしまうのも

問題ですから、

アイメイクを落とす時は

できるだけ刺激を

与えないようにしましょう。







目元の美白にはアイクリームもおすすめ

美白化粧品はメラニンの生成を

抑制する作用が
ありますので、

美白クリームもおすすめです。


目元の美白にはアイクリームもおすすめ


顔全体に使う

美白クリームもいいのですが、

可能であれば目元専用の

アイクリームを使って
ください。





紫外線による刺激も

色素沈着をしますので、

紫外線対策にも注意が必要です。





日焼け止めを使う場合は、

肌に負担をかける

紫外線吸収剤を使用していない物を

選ぶようにします。





このように原因によって

くまの種類は違いますし、

対処法も変わります。


正しいケアでくまを改善していきましょう。




美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方