ハイドロキノンクリームランキング広場







紫外線は浴びても「何も感じない」



「今日は暑いから日焼けしそう」
「曇っているし、外出しないから日焼けの心配なないわ」

天気 実はこれ、どちらも間違った紫外線の知識。


もし、あなたも紫外線について
ちゃんと正しい情報を持っていなければ

きちんとUVケアをしているつもりでも
気付かないうちにうっかり日焼けをしているかも!



こちらでは正しい紫外線の特徴を紹介しましょう。



まず、太陽光のうち、紫外線はたったの5%程度。
残りは50%が可視光線で、あとは赤外線です。

可視光線は「まぶしい」光の事
赤外線は「温かい」「暑い」と感じる光です。


紫外線は、まぶしくもなく温かさの感じません。
実は、紫外線は浴びても何も感じない光なのです。

…だからこそ、気を付けないとうっかり日焼けをしてしまうことも!
しっかりと注意が必要です。



紫外線の種類と特徴


更に紫外線には、A波、B波、C波の3種類があります。
C波はオゾン層に吸収されるため、
地上にはほとんど届くことはありません。


一方、A波とB波は地表まで届き、
日焼けやシミの原因になってしまいます。


【A波(UV-A)】
波長 長波紫外線 320~400ナノメートル
特徴 雲を通り抜けて肌まで届く紫外線の一種。
窓を通り抜けて室内にも届くこともある。
そのため、曇りの日でも、A波の照射量はあまり減らない
症状 肌の奥まで浸透し、シミやしわの原因に。
肌老化やコラーゲンの老化、光発ガンなどを引き起こす
予防方法 日焼け止めの「PA」


【B波(UV-B)】
波長 短波紫外線 280~320ナノメートル
特徴 エネルギーが強く、肌表面をじりじり焼く紫外線。
雲やガラス窓でさえぎられる。
肌の奥までは浸透しにくい。
症状 肌の表面を焼き、赤くヒリヒリした症状(サンバーン)の原因に
予防方法 日焼け止めの「SPF」




美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方