白斑の原因になる成分 美白クリームを選ぶときには要注意!







白斑の原因になる成分 美白クリームを選ぶときには要注意!



美白化粧品は

肌を白くする物ではなく、

シミを予防する目的でも使います。

白斑の原因になる成分 美白クリームを選ぶときには要注意!

主なシミの原因はメラニン色素ですが、

美白化粧品はシミの原因になる

メラニンの生成を抑制する事で

シミの発生を防ぐという仕組みです。





効果に関しては

個人差も大きいのですが、

肌質や年齢に合った美白化粧品を選び、

少なくとも3ヶ月間使用すれば

ある程度の美白効果が
期待できます。





現在もたくさんのメーカーから

美白化粧品が発売されていますし、

海外からの個人輸入でも

入手する事ができます。





少し前に日本の主要メーカーの

美白化粧品を使った人の中に、

白斑ができるというトラブルが
あり

注目されました。





美白化粧品なので

肌が白くなるのは嬉しいはずなのに、

白斑というのは

肌の色素が抜けてしまい

その部分だけ白く斑点のように

なってしまう状態
です。



明らかに肌色よりも白く不自然ですし、

目立ちますので

逆の意味でシミよりも

気になってしまいます。







白斑の原因はロドデノールという成分



これは美白化粧品の中に含まれていた、

ロドデノールという成分


関係していると言われています。


白斑の原因はロドデノールという成分


現在ではそのメーカーでも

美白化粧品を改良し、

白斑の原因となった

ロドデノールは

使用していません
ので

安心です。





他のメーカーでも

ロドデノールを配合した

美白化粧品がありましたが、

この一件でロドデノールは

使用しない方向性に
なっています。







ハイドロキノンには白斑の報告はない



肌の漂白剤と言われる

ハイドロキノンという成分もありますが、

ハイドロキノンで

白斑が確認された事はありません



ハイドロキノンには白斑の報告はない


美白効果のある成分も

いくつかありますので、

ロドデノールは避け、

その他の成分を使用した

美白クリームを選ぶように
しましょう。





美白化粧品は

今あるシミには

効果が期待できませんが、


ハイドロキノンや

レチノールという成分は

今あるシミにも作用
します。





ですので、シミが気になっているなら

美白化粧品で予防をし、

ハイドロキノンやレチノールで

今あるシミに対処できます。





もし美肌クリームを選ぶときには

それぞれの成分の特徴を

知っておいた方が良いでしょう。




美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方