ハイドロキノンクリームランキング広場







炎症性色素沈着の特徴



チェック あなたのお肌は大丈夫?

  • ニキビや虫刺されの跡、傷がなかなか消えない

  • コットンでゴシゴシ肌をふき取るなど肌をこすってしまう

  • マッサージをする時につい力を入れすぎてしまう

  • ニキビができたのでノーメイクで過ごしていた



炎症性色素沈着(えんしょうせい・しきそちんちゃく)は、
ニキビや傷、虫刺されなど、肌に炎症を起こすものができてしまい
そのあとが「シミ」になってしまったもの。

特に頬からあごにかけてできるニキビは
炎症性色素沈着を起こしやすい
ので注意が必要です。


また、ニキビや傷、虫刺されのあとが日焼けをしてしまうと
更に茶色く色素沈着してしまいます。


ほかにも、肌をゴシゴシこすってしまう、
マッサージや洗顔を力いっぱい行う癖のあるあなたも要注意!

肌をこすってしまうと、慢性的に肌は炎症を起こしてしまい、
そのせいで肌のメラニンがどんどん増えていくのです。

結果、肌がくすんでしまうこともあるので気を付けましょう。



炎症性色素沈着の予防法


日焼け 炎症性色素沈着は、間違った肌のお手入れが原因です。

ニキビや傷がある場合は、なんとなく
スッピンでいる方がいいような気がしますが
実はそれが炎症性色素沈着の一番の原因。

きちんと日焼け止め対策を行い、正しくスキンケアしましょう。


まずは、肌に炎症を起こすような刺激を与えないこと。
とにかく肌はこすらず、やさしく丁寧にケアすることが大切です。

また、できてしまったニキビや傷、虫刺されの跡などは
日焼けをしないように注意します。

日焼けをしてしまうと、そのまま色素がどんどん沈着し
黒く残ってしまうことがあるので気を付けましょう。

パウダーファンデーションを塗って
紫外線が直接当たらないようにし、

体の傷跡などは、絆創膏などで紫外線が直接当たらないよう
工夫してみましょう。



炎症性色素沈着をケアする方法


炎症性色素沈着のシミには、美白化粧品が大変有効に働きます。

特にハイドロキノンは、炎症性色素沈着のシミに効果的!

ニキビ跡の色素沈着の改善や、
アトピー性皮膚炎の色素沈着の改善に
ハイドロキノン配合のクリームが効果が期待できます。


また、ピーリングには即効性もあり、
更にイオン導入を同時に行えばより効果がUPします。


逆に、炎症性色素沈着には、レーザーは効きません。

とにかく地道にハイドロキノンなどの美白化粧品と
ピーリングでケアをするしかありません。

ですが、正しくケアをすれば
シミは薄くなりますので根気強くがんばりましょう!




美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方