知っておきたい!厚労省が許可する美白成分



美白化粧品と名が付く化粧品なら、

肌が白くなり

シミが薄くなったり

消えたりするイメージがありますが、



美白化粧品は

これからできる可能性のある

シミを作らない

「予防」という意味
で使います。


知っておきたい!厚生労働省が許可する美白成分


今あるシミには、

他の方法で対処する必要がありますが、

将来のことを考えて

美白化粧品を使うのは良い方法です。




ただし美白化粧品だからといって、

必ずしも効果を

実感できるとは限りません。



個人差もありますが

美白化粧品を選ぶなら、

厚生労働省が許可している

美白成分を配合した物を


おすすめします。







厚労省が認可している美白成分



厚生労働省が許可している美白成分は、


  • ビタミンC誘導体

  • トラネキサム酸

  • リノール酸

  • アルブチン

  • プラセンタエキス

  • コウジ酸

  • エラグ酸

  • 4MSK

  • ルシノール

  • マグノリグナン

  • ハイドロキノン

  • ニコチン酸アミド  


などがあります。



成分により

多少作用の違いはありますが、

主にシミの原因となる

チロシナーゼの生成を

抑制する作用
です。



シミの原因となるのは他にも、

メラニンや活性酸素などがありますが、

厚生労働省が許可している

美白成分には、

シミの原因となる物質の生成を

抑制する効果も
確認されています。






美白化粧品でも

厚生労働省が許可した成分を

使用していない物があります。








複数の美白成分配合の方が相乗効果が期待できる



保湿成分や潤いを与える成分が

配合されていれば、



使用後に肌の潤いを

実感できる事がありますが、

肝心の美白効果に関しては

あまり期待できない
でしょう。


知っておきたい!厚生労働省が許可する美白成分


もしも今使っている美白化粧品の効果

が実感できない場合は、

成分を見直してみましょう。





どれか一つだけでも

美白効果は期待できますが、

いくつかの成分が複合されている方が

相乗効果が
期待できます。





厚生労働省が許可した

美白成分を使用している美白化粧品を

見分けるポイントは、

薬用美白化粧品と書いてある事です。





実際には医薬部外品ですが、

薬用と名が付くのは

厚生労働省が許可した成分を

使用している物だけ
なので

選ぶ時にもわかりやすいはずです。



メーカーにより成分は違いますが、

効果などを比較して選べます。




美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方