ハイドロキノンクリームランキング広場







ハイドロキノンの肝斑への効果は?


肝斑 肝斑は、30代~50代の女性に多くあらわれるシミの一種で
紫外線ではなく、女性ホルモンのバランスの乱れが原因
できてしまうシミです。

妊娠や閉経で肝斑ができることもあれば、
ピルの服用を始めることで肝斑が悪化することもあります。


肝斑の特徴は、ほほ骨の高い部分に、左右対称にできることが多く
大きな影のようにぼんやりとしたシミとして現れます。


肝斑にはハイドロキノンがとても有効に作用します。

ハイドロキノンを塗布することで、
薄く広がってできた肝斑のシミが薄くなり、
メラニン色素の生成も抑制されるのです。

現段階では、肝斑を消すには
ハイドロキノンが一番効果がある
成分とされています。



美白効果をUPする「トレチノイン」とは


お手入れ また、美容クリニックなどで肝斑を治療する場合には
ハイドロキノンと、トレチノインという美白成分を組み合わせ
肝斑のケアをすることもあります。

トレチノインは、肌の新陳代謝を促進し
角質剥離を起こすことでシミ部分をはがす作用がある成分
です。

ハイドロキノンとトレチノインを併用することで
肝斑の美白効果はかなり高まります。



ただし、トレチノインは
ハイドロキノン以上に強い成分であるため
今のところ、トレチノイン配合の市販のスキンケアはありません。

クリニックを受診することでのみ手に入ります。
正しい使い方を守り、肌への負担がかからないよう
気を付けて使うようにしましょう。


一方、肝斑は、レーザー照射では消すことができません。
それどころか、レーザー治療をすると、
シミが濃くなってしまい、肝斑は悪化してしまうので注意が必要です。



美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方