ハイドロキノンクリームランキング広場







ハイドロキノンの副作用


しみ ハイドロキノンは、美白効果が
一般的な美容成分(ビタミンC誘導体やアルブチンなど)と比べ
10倍~100倍も高い成分です。

その分、肌への刺激も大きく、
人によってはかぶれたり炎症を起こしたりなどの
副作用も心配されます。



ハイドロキノンの副作用について調べてみました。


チェック 使用後、肌の炎症や赤み症状
ハイドロキノンは、肌への刺激が強い成分です。
敏感肌の方や肌が弱い方などは
成分が肌に合わず、
使用後に炎症や肌に赤みが出ることも
あります。


チェック 白斑症状

長期間にわたってハイドロキノン化粧品を使ったり
4%以上の高濃度のハイドロキノンを
顔全体に塗布してしまうと
白斑症状が出ることも。


ハイドロキノンを付けた肌は、
メラニン色素が抑制され、肌が白くなってしまいます。

ただし、市販のハイドロキノンであれば
低濃度(2%前後)ですので、白斑の心配は有りません。




気を付けたい!ハイドロキノンの「濃度」


ハイドロキノンを使うとき
「濃度」には注意しなければいけません。

市販されているハイドロキノン化粧品は、
大体1~4%のものがほとんど。

それ以上になると、医療機関での取り扱いになります。


【ハイドロキノンの濃度別 副作用】
ハイドロキノン1~3% ハイドロキノン化粧品の中でも低刺激で安全性が高く
比較的安心して使える
ものがほとんどです。

ただし、濃度が低い分、即効性も低くなる傾向も。
ハイドロキノン4~5% 医療機関を受診し、処方される高濃度ハイドロキノンは
肌への刺激が強く、
使用時にひりつき、赤みを感じることが多いでしょう。

また、皮がはげたりするなどの症状も報告されています。
ハイドロキノン5%以上 海外から個人輸入で入手する事は可能ですが
肌への負担は大きく、当サイトではおすすめしません。

5%以上の高濃度になると、
シミ部分以外への塗付は白斑の原因になります。
また、肌荒れ、肌トラブルを起こす原因にもなることも!

シミが消えても、他のトラブルを起こす可能性もありますので
十分に注意して使用しましょう。


肌が弱い方や、初めてハイドロキノンを使う方は
まずは市販のハイドロキノンクリームから始めましょう。




美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方