ハイドロキノンクリームランキング広場







くすみは美白化粧品では解決しない?!

くすみ
肌のトーンが暗く、顔のくすみが気になる時
肌を明るくしようと、美白化粧品を使う方も多いと思います。

ですが、くすみの原因にはいろいろあり
シミや肝斑のように、色素沈着が原因で
顔がくすんでいるケースはほとんどありません。

ハイドロキノンをはじめとする
美白化粧品は、色素沈着を漂白するもの。

ですので、残念ながら
顔のくすみは美白化粧品では
解決しないことも多くある
のです。


まずは、あなたのくすみのタイプをチェックしてみましょう。


◆ 角質肥厚によるくすみ
症 状 肌が硬く、ゴワゴワした感じの肌質。
洗顔後、一時的に肌が明るく見えるタイプのくすみ。
くすみに悩む方のほとんどがこの角質肥厚によるくすみが原因です。
原因 肌のターンオーバーの周期が遅くなり
古い角質が肌に蓄積し厚くなっています。
古い角質はメラニンも含んでいるため
角質肥厚した肌はどんよりくすんで見えることが。
お手入れの方法 古い角質を取り去るケアが必要です。
ピーリングが最適!


◆ 乾燥が原因のくすみ
症 状 洗顔後、化粧水を付けた後は肌が明るいのに
時間がたつにつれ肌が乾燥し、くすみも悪化してくるタイプです。
原因 肌が乾燥し、肌表面の角質が細かく毛羽立っています。
そのせいで影ができてくすんで見えることが原因。
お手入れの方法 保湿美容液でしっかりとお肌に潤いを与えましょう。
肌に水分を留めておく力を上げるためにも
セラミド配合のみ用駅などがおススメです。


◆ 血行不良が原因のくすみ
症 状 青黒く不健康な顔色のくすみ症状です。
くすみだけでなく、くまも併発していることが多いのが特徴。
原因 睡眠不足やストレス、冷えや運動不足などによる
血行不良が最大の原因です。
お手入れの方法 適度な運動をして、血行を促進しましょう。
生姜やネギなど、体を温める効果がある食品を積極的に摂るのも◎。



くすみ改善にハイドロキノンを使うときは


このように、顔のくすみの原因は、
色素沈着ではなく、他に原因があることがほとんど。

ですので、美白化粧品は顔のくすみ改善には
あまり効果がないということになります。


しかし、どうしても顔のくすみを改善するために、
肌の美白効果の高い
ハイドロキノンを使いたい方もいらっしゃるかもしれません。


その場合は、以下の2点に気を付けましょう。

低濃度ハイドロキノンクリームを使う


⇒ハイドロキノンはピンポイントで
色素沈着のシミを漂白する作用がある成分です。
濃度が高ければ高いほど、漂白効果が高くなります。

色素沈着がない部分に、必要以上に濃い濃度のハイドロキノンを使うと
肌が漂白され、白斑になる恐れもあります。

もし、顔全体に使う場合は
2%程度の低濃度ハイドロキノンを薄く延ばす程度にしておきましょう。


日光に当たらないよう要注意!


ハイドロキノンを付けた肌は、
紫外線に非常に弱くなってしまいます。

肌ダメージも受けやすく、シミや色素沈着が
悪化しやすくなってしまいます。

そのため、ハイドロキノンでくすみケアをする場合は
今まで以上に紫外線対策を万全に行いましょう。



くすみ改善に効果的なピーリング


顔全体を白くくすみのない肌にするには
まずは溜まってしまった角質を落とすことがポイントです。

最近では自宅で簡単に使える
ピーリングマシンも登場しています。

あなたの肌症状に合わせ取り入れてみるのもおススメです。




美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方