ハイドロキノンクリームランキング広場







目の下のクマは3タイプ


目の下のクマは、原因や症状によって
「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」に分類され
それぞれ対処の方法が異なります。

まずは、あなたのクマがどのタイプのクマかを見極めましょう。


青クマ 寝不足や冷えで、血行が滞り、
下まぶたの静脈が透けて見えることでできるクマ。
指で皮膚を引っ張ると薄くなり、メイクなどで隠すこともできます。
黒クマ 下まぶたの皮膚が老化によってたるみ、
影ができてしまって黒く見えるクマ。
上を向くと薄くなりますがメイクで隠すことはできません。
茶クマ 目をこするなどで色素沈着して悪化したクマ。
角質肥厚を起こし茶クマになっていることもあります。
皮膚を引っ張っても薄くなりません。



目元 青クマを改善するには、運動やツボ押しで
血行を促進する必要があります。

黒クマの改善には、肌を根本から若返らせることが不可欠。
肌のコラーゲンを増やし、たるみ予防に努めましょう。


茶クマは、メラニン色素の沈着が原因です。
まぶたは顔の中でも、メラノサイトの活動が活発なパーツ。

ですので、とても色素沈着を起こしやすいのです。

しっかりと美白ケアを行うことで
茶クマを解消することができる
でしょう。




茶クマの原因は、
目元をこすることでできる色素沈着と角質肥厚、
まあた、小さなシミが集まってしまうこと。

これらは、いずれも「メラニン色素」が大きく関係しています。

目元に蓄積したメラニン色素を抑制するには、
美白ケアを行うことが重要なポイント
になります。

特に、ハイドロキノンは、一般的な美白成分
(ビタミンC誘導体やアルブチンなど)にくらべ、
10~100倍もの美白効果があるとされています。

メラニンの生成を肌の内側から抑えるだけでなく
今あるメラニンにもしっかり働きかける作用があり、

茶クマを解消する効果が期待できるのです。


ただし、ハイドロキノンは、
そのままの成分を直接肌に塗ると
肌への刺激が強すぎ、繊細な目元の肌を
傷つけてしまう可能性も考えられます。


目元のクマを改善するためにハイドロキノンを使う場合は

①肌にやさしい低濃度のハイドロキノンクリームを選びましょう
②カプセル化された低刺激のハイドロキノンクリームを使いましょう
③美白だけでなく保湿効果のある美白ケアが最適です



これら3つのポイントに注意して
ハイドロキノンクリームを選ぶとよいでしょう。




美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方