ハイドロキノンクリームランキング広場







雀卵斑(そばかす)の特徴



チェック あなたのお肌は大丈夫?

  • 10代なのに茶色の斑点ができている

  • 鼻を中心に小さな点々のシミが散らばっている

  • シミの形は三角形や四角形

  • 元々の肌が白い



そばかす 雀卵斑(じゃくらんはん)は、
通称「そばかす」と呼ばれるシミで
多くは10代の思春期の頃に目立つシミの一種です。

雀卵斑(そばかす)は遺伝的要素が強く、
小さく茶色いシミが、鼻や両ほほを中心に散らばるように
できている小さなシミが特徴。


特に地肌の色が白い外国人に多くみられますが
日本人でも色白の10代の人に比較的多くみられるようです。



雀卵斑(そばかす)の予防法


雀卵斑(そばかす)は基本的には遺伝でできるので
完全に予防することは難しい
シミです。

しかし、だからといって、紫外線を浴び続けていると
色が濃くなり色素沈着を起こし、
なかなかシミが消えなくなってしまいますので注意が必要です。

日頃から日焼け止めやフェイスパウダーで
しっかりとUV対策を行いましょう。



雀卵斑(そばかす)をケアする方法


日焼け防止 理論上、雀卵斑(そばかす)は、
ほほや鼻の周りのメラニン色素が異常に増えてしまうことや
色素沈着が原因で出てくるシミですので

美白化粧品で雀卵斑(そばかす)は薄くなるはずです。


しかし、先ほども紹介したとおり、
雀卵斑(そばかす)は遺伝的要素も強く、
美白化粧品が効かないこともあるようです。

美白効果は体質や肌質によりますので、まずは
1か月間美白化粧日を試してみるのもおススメです。


また、レーザー治療などで消すこともできますが
その場合、再発することが多いので、
施術を受ける前に医師に相談するようにしましょう。




美白体験談へ




ハイドロキノンクリームの選び方